齋藤健一の危険運転糾弾

齋藤健一の危険運転への私見

危険運転の賠償責任

 ここでは、私が各種の本を読んで色々と資料を集めて書くのではなく、既にプロが書いた素晴らしい情報が満載のとあるサイトをご紹介したいと思います。

 

 とにかく、それを見れば、いくら危険運転をし続けているバカなドライバーとて、震え慄くと思うからです。いくらヤクザだろうが半グレだろうが無法者だろうが、法治国家の日本国においては、わがままを貫き通すことは不可能だ。

 

 

www.bengosi-net.jp

 

 このサイトは、交通事故に熟知した弁護士グループが在籍しており、交通事故の被害者の為に全力で賠償金を勝ち取りに行く集団を紹介しています。

 

 それで、メニューの中の[獲得した画期的判例]のコーナーに、実際の危険運転の結果、裁判になり、危険運転者が敗北し、多額の賠償金を支払う羽目になった事例が多数掲載されています。

 

 これを見たら、やはり正義は勝つと思います。少なくとも、昭和の時代みたいに、ドライブレコーダーや街中の防犯カメラが全くなかったような時代の悪質ドライバーみたいに、逃げおおせることは、現代だと不可能だと思います。

 

 とにかく、危険運転の結果、他者を巻き添えにしてしまい、高次脳機能障害や脊髄損傷、死亡事故等を起こしたら、たただは済まないのです。絶対に。

 

 以前、90代の老婆が高校生を轢き逃げした事件がありましたが、そいつも、高齢者だから許されるという話ではないのです。おばあさんだからとか、おじいさんだから裁くのは可哀想だから止めよう、なんていう温情措置は取られません。老人だからといって、賠償金地獄から逃れることは不可能なのです。

 

 まあ、普通の運転の結果の事故ならば、民間の自動車保険会社から対人・対物無制限の保険に入っておれば、そこから保険金で支払われると思うけど。ただ、世の中の四分の一程度のドライバーは、民間の保険には未加入らしい。

 

 とにかく車は走ればいい、万が一のことまで全く考えちゃいない、というバカ共が、そこら中にウヨウヨ走っているのです。恐ろしいですね。でも、真に恐ろしいのは、そんな奴らに轢き殺されたり、轢かれて重度の障害者にされてしまったとしても、そいつらから全く賠償金を取れないか、雀の涙程度しか取れない可能性がある、ということです。

 

 果たして、そんな屑人間が、自分の持ち家とか所有している土地とかを売り払ってまで、被害者に賠償金を支払うのでしょうか。自分も被害に遭う危険があるが故に、これはとっても深刻です。もっと、民間の保険に未加入の奴らに対して、国はもっと厳罰を与えるべきだと思うのですが。

 

 まあ、任意加入なので、しょうがないのですが、絶対に、このサイトに書かれているような超多額の賠償金なんて支払えないだろうに。

 

 例えば、16歳の高校生を重度の障害者にしてしまった交通事故の事例では、総額2億8000万円の判決が下されました。これも、民間の自動車保険の対人・対物無制限に加入しておれば、自動車保険会社が支払ってくれるだろうけどさ。これがもしも、民間の自動車保険に未加入の奴が起こした自動車事故の結果だとしたら、そいつは、こんな超大金、絶対に支払える訳ないじゃん。

 

 マジで、国は、民間の自動車保険の、せめて対人・対物無制限の保険には加入を強制して欲しい。そいつの潰れた自動車を修理する費用が出る車両保険とかは任意でいいけどさ。とにかく、金を支払う能力のない奴が加害者だったら、その事故の被害者は、どんなに苦境に立たされても、相手がない袖は振れぬという態度で臨んできたら、もう、どうしようもないじゃん。そんでこっちが殴ったりしたら、こっちが悪いということになるんだろ。アホらしい。警察も民事不介入とかいって助けてくれなさそうだし。助けてくれるのかな?

 

 相手の給与から強制的に賠償金の一部を徴収することは可能なのかな?とにかく、民間の自動車保険代金が支払えない位の貧乏ならば、そもそも車に乗るなよ。あと、乗っている車のグレードを落とせよ。

 

 例えば、そもそもそのクラスの車を所有する財力がないのに、無理してでかいアルファードとかの金のかかるミニバンを所有しているのならば、それは止めろ。アルファードなんて、オイル交換代にしろ、タイヤ代にしろ、その他の費用にしろ、一々費用が高いんだよ。車両の維持費用を支払うので精一杯で、民間の自動車保険代金まで支払えないので、民間の自動車保険には未加入です、とかいうバカがいるのならば、即刻、車をコンパクトカーに替えろ。

 

 コンパクトカーと言っても、BMWのコンパクトカーとかではないぞ。スズキのソリオとか、或いは軽自動車みたいに、大衆車に乗れよ。それで、民間の自動車保険代金を捻出しなさい。

 

 あと、無車検で走行している奴もいるらしいな。民間の自動車保険代金も支払えない、車検代も支払えない、でも車は走らせたいって、そりゃあんた、我儘過ぎるよ。無理だろ。他人に大迷惑を掛ける危険性が高いのだから、即刻、車を降りてくれ。

 

 車の維持には金が掛かるんだよ。金が無いのならば、車は降りてくれ。

 

 まあ、長々と保険とかの話になりましたが、とにかく、無謀な運転、危険運転、酒酔い運転をしたら、誰かを轢き殺したり、重度の障害者にしてしまう危険性が高まる。だから、慎重に運転しろよ。安全運転に徹しろよ。

 

 イニシャルDという一般道を猛スピードで走行する、一般道が舞台のレース漫画があるのだが、あれはあくまでも漫画だから誰かを轢き殺す場面は出て来ないだけで、この現実世界でイニシャルDみたいな猛スピード運転をしたら、絶対に近い内に誰かを轢き殺すぞ。

 

 つい先日も、ポルシェを時速216キロで走行していた馬鹿な医者が、前のトラックに激突して、そのトラックの運転手を殺してしまった事件がありました。51歳の医師だってさ。そんで、裁判長の判決時の言葉として、「被告の運転行為は極めて非常識かつ危険」として懲役8年を言い渡した、だってさ。

 

 この医師は、阪神高速神戸線上りで、BMWに追い抜かれて追走し、制御困難な時速216キロでカープに侵入した結果、前方を走行していたトラックに衝突して運転手を死なせたのだ。しかもこの医師は、事故当時、スピード違反で運転免許取り消し処分を受けていた。なので、無免許だったにも関わらず、ポルシェを乗り回していたことになる。

 

 で、この医師は、平気で嘘をついていたらしい。東京大学の医学部卒業とか言っていたけど、実は別の大学の医学部卒だったらしい。その他にも、事故の原因は「カーナビ操作による脇見運転が原因」と言ったらしい。時速216キロで走行中にカーナビ操作するか、普通。勿論、判決は、「不安定な状態でカーナビの操作をしていたとは考えにくい」と一蹴されたらしい。まあ、要は、カーナビの操作をしていたから危険運転致死罪は成立しないという方向に持っていき、罪を軽くしようとしていたらしい。

 

 それで、この医師は、平気で患者を上から目線で見て、横柄な態度で患者に接していたらしい。なので、勤務していた病院に暫くすると居られなくなり、また別の病院に行くとかしていたらしい。まあ、なので、こういう危険運転をする奴ってのは、普段から、性格に問題がありまくりなんだよな。

 

 その他にも、BMWのディーラーから試乗車として借りた高級SUVなのに、約2000キロも勝手に何日間も乗り回したアホな奴が、いきなり高速道路上で停車して後ろの車の運転手に殴り掛かって逮捕された事件もあるしな。あと、高速道路上に故意に車を止めて、後ろの車を止めさせて、高速道路上なのに胸倉掴んで、その後、トラックが止めた車に激突して、その後続車の夫婦が死亡するという痛ましい事件を起こした奴も、明らかに脳に欠陥があるしな。

 

 マジで、運転する車に問題があるならば、それは自動車メーカーの責任なのですが、そんなケースはほぼない。リコールの必要性があったら、ハガキが所有者の手元に届くしな。しかも、日本には車検制度もあるし。車の欠陥が原因で死亡事故が起きるというケースは少ないだろう。

 

 要するに、事故の大部分は、ドライバー本人の運転態度に問題があるということだ。で、いくら本人がイキったとしても、警察には勝てません。この暴走医師も、これから交通刑務所なのか、普通の刑務所なのかは知らないが、そこに収監されることになる。司法制度から逃れることは不可能だ。たとえ刑務所から脱走しても、その後、一体、どうやって暮らすおつもりですか?

 

 だから、死亡事故を起こす前に、そして重大事故を起こして相手を重度の障害者にしてしまう前に、運転態度を改めた方が遥かに良い。本当に交通刑務所とか府中刑務所とか大分刑務所とかに入りたいのか?

 

 福岡県で飲酒運転の末に幼い子供三人の命を奪った奴は、今、懲役二十年の刑で、大分刑務所に収監中らしいよ。まだそいつは若かったのに。アホだなぁ。男だらけの臭くて狭い空間に二十年間収監だってよ。しかもその間、やりたくもない、時給数円の刑務作業を強制的にさせられるのだから。

 

 娑婆にいるのと、刑務所の中で超長期間過ごすのと、あなたはどちらが良いのですか?ちゃんと考えてください。お前がいくらイキっても、法律・警察には勝てないぞ。

 

 交通事故弁護士全国ネットワーク