齋藤健一の危険運転糾弾

齋藤健一の危険運転への私見

鹿沼市クレーン車暴走事故

 この事故は、2011年4月に、栃木県鹿沼市にて、てんかん患者の運転手がクレーン車を運転中に、てんかんの発作が突然起きたせいで死亡事故に至った事故です。

 

 まあ、率直に言えば、マジで、持病を隠して、こんな大質量の乗り物を操作するってのは、人間の屑ですね。たとえ殺人鬼みたいに故意に子供を殺すつもりはなかったとしても、結果的に子供が六人も殺されたのだから、一人や二人殺した程度の殺人鬼よりも、遥かにコイツの方が悪質だということですね。

 

 なんか、「事故なので、そんなにドライバーさんのことを悪く言わないであげてください!」みたいな感想を述べる人がいますけど、じゃあ、あなたに幼い子供がいたとして、あなたの子供が、どこかのてんかん発作があるのに隠してトラックを運転していた奴が、運転中に突然てんかん発作が起きてあなたの子供に襲い掛かって、あなたの子供をミンチにして殺したとしても、果たしてそんな生易しい言葉を犯人に向かってかけてあげられるのでしょうか?

 

 所詮、生温い言葉を吐く奴というのは、赤の他人が犠牲になったからそんなことを言っているのであって、実際に自分の大事な人、大切な人が犠牲になったとしたら、もう、暴走するが如く犯人を追及するに決まっているのに。

 

 昔、死刑反対を声高に叫んでいた弁護士がいたが、そいつの奥さんが犯罪者に殺されたら、殺人犯を死刑にしろ!と声高に叫んだらしい。まあ、そんなものでしょう。所詮、赤の他人が犠牲になるのと、自分の身近な大切な人が犠牲になるのとでは、全然違いますからね。まあ、これはコロナウイルスの流行で死んだ人でも同様ですが。まさか自分の身内がウイルスのせいで死ぬなんて、平素は誰も思っていないからな。

 

 で、事故の詳細は、国道で集団登校中だった児童の列、具体的な人数は数十人で歩いていた時に、10トンのクレーン車が突っ込んだ。そして、児童六名がはねられて全員死亡した。まあ、こんな大質量の物質が突っ込んで来たのだから、轢かれた部位は全てすり潰されただろうな。可哀想に。

 

 で、民家の垣根と作業小屋の一部を破壊して停止したってさ。マジで、犯罪行為にしても、交通に関する事故にしてもそうだけどさ、問題を起こす奴ってのは、ある程度絞り込めるんだよな。問題行動を起こす奴は何度でも何度でも反省せずに繰り返すんだよな。なので、世の中の全ての人間が平均的に違反行為や犯罪行為をするのではなく、限られた一定のバカな奴らが繰り返し暴走行為・危険運転・犯罪行為をするんだよな。マジで、コイツらをどうにかして欲しいよ。貧乏で空腹からのパンを万引きしてしまった、というのならば、まだ理解できるが、こいつはてんかん持ちなのに、こんな大質量の物体を運転する仕事などに就いていたので、全く擁護する気は起きません。呆れるだけだ。

 

 で、コイツは事故当時はまだ26歳の男だった。もっと若い頃、原付免許を取得した頃と書かれているので、多分、高校生の時だと思うのだが、その当時から、事故を起こしていたらしい。で、今回の事故の前にも小学生をはねて重傷を負わせているんだとさ。救いようが無いよ。

 

 で、その前の小学生をはねた事故で有罪判決を受けて執行猶予中だったとさ。で、この事故の原因は居眠り運転と判断されたとさ。でも、執行猶予ということで、刑務所に服役することもなく、そのまま野に放たれたのか。アホなんちゃう?半年でもいいから、実刑判決で市原刑務所に収監しろよ。そうすれば、その間に、いくらバカでも少しは改心したかもしれないのに。

 

 で、なんと、まだ26歳で若いのに、過去10年間の間に、合計12回も事故を起こしていたらしい。絶句・・・。俺は今38歳ですけど、18歳から25歳までの七年間と、35歳から今までの三年間、合計十年間、自家用車の運転をして、合計の走行距離は恐らく11万キロ程度だと思うけど、今まで事故を起こしたことは一度もないよ。勿論、当て逃げもないし。18歳から25歳までの時は、壁に擦ってしまった程度のことは一度位あったよ。でも、それだけだな。35歳から今までの約三年間内の、35000キロ程度の走行の中では、一度も擦ったことさえないよ。なので、コイツの異常な事故回数には、とてつもなく驚愕しました。

 

 きっとコイツの地元の警察官も、「ああ、またコイツか・・・」というふうに、何度もコイツの事故の処理に付き合わされているので、きっと、コイツの住んでいた区域の警察署内では、コイツのことが話題になっていたかもしれない。あ~あ、過去10年間に12回も事故を起こしているような奴をほったらかしにしておくから、こんな、超取り返しのつかない事態を招いたんだよ。こんな人間の屑が自主的に改心する訳がないじゃん。だったら、国家権力でどうにかしなけりゃならないでしょうに。自発的に改心して善人になる訳ないっちゅーの。

 

 つーか、今、ウィキペディアの動機の欄を見たら、[持病の劣等感を克服するため]と書かれていたぞ。信じられねえよ。なぜ、てんかん発作があることへの劣等感を、クレーン車の運転をすることで克服することになるのか?やっぱり馬鹿の思考回路は独特ですね。損得勘定の枠外というか、意味不明な所にいますね。

 

 普通、てんかん発作があることに対して劣等感を抱いていたのならば、てんかん発作を抱えていても健常者に努力次第で勝てるような分野で勝負すると思うのだが。例えば、営業の仕事に就いて、持病が何もない同僚に、売り上げで勝つ!とかな。まあ、でも、営業と言っても、やっぱり車の運転があるから駄目か。プロボックスとかサクシードとか運転しなきゃならないからな。ならば、工場勤務とかでいいじゃん。それなら、まあ、プレス機の周囲の仕事は外してもらえば、たとえ仕事中に意識を失っても、何とかなると思うのだが。後は、小売業で売り上げトップを目指すとかさ。

 

 とにかく、なんで運転することによっててんかん発作の劣等感を克服したことになるねん!意味が分からないよ!その意味不明な克服内容を目指した結果、幼い子供が六名も死んでるんやで!マジで、馬鹿なら馬鹿なりに、大人しく暮らしとけ。それで十分に社会貢献やで。人様に迷惑かけるな!しかも人様の大事な大事な子供の命を奪うって、残酷なことをするなボケ!

 

 つーか、これだけ事故を起こしていたら、きっと、自動車保険料がバカ高くなっていたのではないか?若い時期はただでさえ自動車保険料が高いのに、こんなに保険を使いまくっていたら、一体、いくら位に跳ね上がっていたのだろうか?つーか、コイツ、ちゃんと任意の自動車保険に加入していたのかな?まあ、この死亡事故の時は業務上での運転なので、会社にて保険は入っていただろうけどさ。きっとプライベートでは、無保険走行していたのだろうな。いい加減な野郎だし。だらしなさ過ぎるしな。

 

 で、しかも、コイツはてんかん持ちという運転してはならない持病を抱えていたのに、それを隠して運転免許を取得したとさ。で、更新もし続けていたとさ。まあ、同い年の奴らが次々に免許を取得してマイカーでドライブしていたら、自分も免許を取得したい!と思うのは理解出来るよ。ただ、駄目なものは駄目なのに。

 

 片目しか見えない人が、いくら飛行機を操縦したいので飛行機免許を取得したい!と思っても、片目しか見えないのならば、距離感が正確に掴めないので、絶対に飛行機なんて操縦してはならないの!まあ、自動車の運転免許の取得は、飛行機の免許の取得よりも遥かに簡単なので、嘘をついてもバレなかったのだろうな。まあ、自動車学校の教習中にてんかん発作が起きなければバレないしな。そこは運良くスルー出来たのだろうな。まあ、後の、この死亡事故を起こした犯罪者になる未来があるから、そこで落第して免許を取得できなかった方が、結果的にコイツの為になったと思うけどな。

 

 で、しかも、コイツはてんかん持ちなのに、事故の前には薬の服用を怠っていたんだってさ。で、事故前日には深夜までチャットをしていたってさ。どうせエロいチャットとかしていたんだろ?で、睡眠時間は三時間半だってさ。マジで、コイツ、学生の時点で原付で単独事故を起こして〇んでくれていれば良かったのにね。そうすれば、殺された児童六名も生存出来ていただろうに。

 

 なんか、コイツ、嘘つきでもあるけれど、基本的な社会人としての生活態度が全然出来てないじゃん。つーか、よくもまあ、コイツを雇ったよな。こんな屑でも雇わざるを得ない程、人材不足だったのかな。つーか、コイツの親戚が経営していて、コネ入社とかか?マジでこんな奴を雇う決断をした経営陣はバカとしか表現できませんね。で、毎度の如く、会社も連帯責任で莫大な賠償金を請求されとるしな。

 

 だから~、ユーチューブでの与沢翼の動画の中で~与沢翼も言っていたけど~、馬鹿を組織内に入れては駄目なんだって!そのバカのせいで、いくら真面目に周囲の人達が仕事をしても、そのバカ一人のせいで組織が崩壊するんだから!マジで、仕事が出来るけど組織を崩壊させる奴よりも、仕事はそこそこしか出来ないけど、組織を崩壊させない人の方を雇うべきだと思うけどね。

 

  だって、なんでクレーン車の操縦する奴が、睡眠時間三時間半なんだよ。事務職でも、こんな短時間睡眠じゃあ、仕事に支障をきたすのに。でも、事務職ならば、入力ミスとかで済むけど、クレーン車の操縦者の仕事は、眠気のせいで死亡事故が起きるぞ!事実、起きたし。せめて六時間は眠れよ。翌日が休日と決まっていて、明日は休みなので深夜まで騒いで楽しもう!と思って夜遅くまで起きていたら、急に深夜に会社の上司から電話がかかって来て、「明日に出勤する人が急病で来れなくなった。明日、代わりに出てくれ」とか言われた、というのならば、理解出来るけど。まあ、それでも、そんな三時間半なんていう超睡眠不足でクレーン車を操縦すべきではないのだが。でも、そうじゃないんだろ。翌日は出勤日と判明していたのに、こんな、深夜までネットをして、超寝不足だったんだろ。言い訳は出来ない。やはり屑が世の中をかき乱す、壊すの定説通りですね。真面目に暮らしている人達は、こんな破壊行為はしないからな。

 

 で、てんかんの担当医からも、何度も車の運転をしないようにと注意を受けていたらしい。つーか、無駄だから。エリート官僚だった、国から勲章まで授与された、あの飯塚幸三でさえ、傲慢さの塊で、池袋死傷事故の起きる一年前の時点で、既に本人が「もうそろそろ、車の運転は止めなきゃならないかなあ~」なんてほざいて、衰えを自覚していたのに、車の運転を続けたし。

 

 それに、パーキンソン症候群とかいう病気で、手足が震えて、まともに車の運転が出来る状態ではなく、医師からも運転を止めなさいと忠告を受けていたのに、それでも本人は大丈夫とか言って車の運転を続けた結果、池袋で31歳の母親と3歳の子供を轢き殺した事故を起こしたのだから。社会の底辺の屑じゃなくて、国から勲章を授与された程の功績のある人物でさえ、医師からの忠告を無視して、そして自ら体の衰えを自覚していたのに、その肉体の悲鳴を無視して運転を続行するのだから、こんな若い時からの屑人間が、ルールやマナーを守る訳ないじゃん。

 

 だから、医師が運転してはならない人を発見した場合には、即、警察に連絡が行くシステムを早急に導入しろよ!医師が忠告したって、どうせ車の運転を続けるに決まっているんだから。無理なの、こういう輩は!そこんところが、理解できていないんだよなぁ。人間の本質というか、いい加減さ、ルーズさを内包した人間の恐ろしさが、法を整備する立場の人達は、理解出来ていないよ、まったく。

 

 で、この男は母親と同居していて、母親も息子の持病を知っていたし、幾度となく事故を起こす危険運転の常習犯だということも知っていたにも関わらず、息子に自動車を買い与えていたとさ。で、事故当日も、息子がてんかんを抑える薬を内服していないことに気付いていたが、何も注意せずに仕事に送り出したらしい。

 

 まあ、こんな屑人間の親だからな。特に子供を溺愛している屑親の場合、とことん子供に甘い場合が多いよな。アメリカのとある殺人鬼の母親も、もう、証拠だらけで、そいつが犯人だということは明白なのに、愛する息子が殺人鬼の訳がないとか主張して、その殺人鬼の母親は最後まで自分の息子を擁護していたからな。日本人でも、昭和の殺人鬼の大久保清の母親も、息子をとことん甘やかしたらしいしな。

 

 なので、身近で暮らす身内だからといって、その息子に対する溺愛っぷりが、都合の悪い真実に目を向けさせずに、ただひたすら息子のしたいようにさせてあげたいという自分勝手な歪んだ行動に繋がったのだろうな。その歪んだ愛情の結果、赤の他人の子供さん六名死にましたと。まあ、コイツの母親にとっては、赤の他人の子供が何人死のうが、自分の息子さえ無事で助かればそれで良いのかもしれないがな。事実、クレーン車の操縦の仕事をしていると知っていたのに、息子のとんでもない愚かな行動の数々を許容しまくっていたし。黙認しまくっていたし。

 

 マジで、コイツの母親も共犯だな。母子で殺人鬼です。つーか、並の殺人鬼でも、子供六名は中々殺さないぞ。日本で近年話題になった子供殺しの殺人犯だって、殺害人数は一人か二人程度だしな。でも、コイツは一気に六人も子供を殺しているし。マジで鬼畜だな。殺すつもりはなかったとか言うかもしれないが、殺すつもりはなかったとしても、轢き殺す可能性を極限まで高める行動をしているのだから、やっぱり子供を殺したという表現が一番適切だよ。これだけ事故を誘発する行為の数々を積み重ねているとね、そう断罪せざるを得ない。擁護出来る部分がゼロです。

 

 で、コイツは、自動車運転過失致死罪で逮捕された。で、法定刑の上限が懲役20年の危険運転致死罪の適用が検討されたが、この罪の対象は故意による無謀運転なので、治療を怠っていたのを故意に認定するかどうかが争点となったとさ。で、過去にも交通事故を繰り返していたことも影響するかと思われたが、結果的に、検察は故意の立証は断念したんだとさ。で、上限が7年しかない自動車運転過失致死罪の適用で済んだんだってさ。アホらしい。なので、コイツの懲役は7年で済みました。

 

 つーか、コイツがこの事故で、もっと子供を轢き殺していても、たったの最大7年しか懲役を科せられないの?だったら、遠足の児童の列に最後尾からコイツのクレーン車が突っ込んで、一番前を歩いていた児童まで全ての児童をミンチにして、合計45人の児童を轢き殺したとしても、たったの七年が上限の刑しかないんですか。実にアホらしいですね。だったら、こういった輩は、何人でも轢き殺しまくりじゃん。だって、七年なんて短いし。俺は今38歳だけど、31歳の頃なんて、ついこの前のように感じるし。しかも刑務所なんて単調な生活の繰り返しなんだから、時の流れの感じ方は加速度的に早まるだろうしな。アホらしいね司法ってのは。遠山の金さんの時代なら、絶対にそんな軽い刑で済む訳がないのにな。

 

  つーか、おかしくね?なんで福岡県の橋で死亡事故を起こした今林大は、懲役20年を食らって、こいつはたったの7年程度で済むんだよ?今林大は子供を三人殺したけど、コイツは倍の六人を殺しているんだし。しかも遺体はミンチだろうし。葬儀で子供の顔を参列者に見せられないだろうに。エンバーミングでも修復不可能だろうに。なのに、たったの7年なの?マジで狂っていると思うわ。事故を起こしたコイツも狂っているけどさ、こんな軽い罪しか与えられない司法というのも狂っていると思うわ。

 

 司法ってのは、被害者が加害者に復讐をしない代わりに、代わって適切に裁く役割を担っていると思うのだが。なのに、こんな軽い刑で済むのならば、司法の存在意義、役割って、一体何なのかしら?アホらしいよね。

 

 そして遺族達は団結して、加害者の男とその母親、そして勤務先の会社に対して、総額3億8000万円程度の損害賠償を求めて地裁に提訴した。で、裁判所は三名の責任を認め、合計1億2500万円の賠償を命じたとさ。これも不思議なのだが、幼い子供六人殺しておいて、たったの1億2500万円で済むの?一人当たり幾らよ?安過ぎない?包丁で六人の子供を殺したら物凄い賠償金を支払う羽目になると思うのだか。この算定基準は何なの?しかもなんで約四億円の賠償を求めたのに、たったの1億2500万円の判決なのかな?不思議ちゃんですね。

 

 そんで、母親にも賠償責任を認めた判決が出ましたね。母親は裁判中に、「薬を服用するかどうかは本人の責任で、親に注意義務はない」とか、「仮に制止しても息子はクレーン車の運転をしただろう」とか言いましたが、認められず、母親にも賠償責任を認めましたとさ。マジで、あんたの息子が頭が悪いのは仕方がないとしても、人様に迷惑を掛けることだけは徹底的に止めるようにと教育しておけば、この未来の結果は全然変わっていたかもしれないのにね。

 

 で、遺族は、コイツがてんかんの持病有なのに、申告せずに運転を続けたのが事故の原因だとして、持病を申告せずに免許を取得したり更新したりした者が引き起こした事故に対する罰として、危険運転致死傷罪を適用するように求めた。また、てんかん患者が病気を隠して免許を取得できないようにするように求める署名活動もした。

 

 で、2014年に、自動車の運転に支障をきたす虞がある病気があるのに運転して、その結果、その病気のせいで正常な運転が不可能になり、人を死傷させたら、危険運転致死傷として、被害者死亡の場合に1年以上20年以下の懲役刑を問えるようになったとさ。

 

 今、この息子と母親がどうなっているのかは、今、ネットで調べてみますね。う~ん、やっぱり、スポーツ選手とか芸能人のその後ではないので、一般人なので、その後の様子は調べようがないですね。無理です。

 

 でも、今、犯人の顔を見たら、やっぱり、コイツならやらかしそうだな、と感じた。聡明の反対の顔をしているからな。マジで、コイツなら睡眠不足でもクレーン車を運転するだろうなぁ、と納得するような顔つきでした。

 

 で、今、ウィキペディア以外のサイトの情報を閲覧しているのだが、事故直前にハンドルに倒れ掛かり、事故後も暫く車内で動かなかったそうな。やっぱりてんかん発作が起きていたのですね。つーか、恐いよ。運転手が意識を失って、そのままクレーン車が子供達に突っ込んで来たんだろ?怖いって。

 

 マジで、こういう大質量の車体を運転する奴は、気をつけてくれよ。実は、俺は福島県のいわき市に泊まって、楢葉町に除染の仕事に行っていたことがあった。数か月のみだけどさ。で、その、たった数か月の間だけでも、一名が重機のキャタピラに太腿を潰されて出血多量で死亡し、一名が斜面に停めたけど勝手に後退してきた大型トラックと壁との間に挟まって死亡した事故が発生していたのだ。どちらの事故の場面も、俺は直接は見ていないが、空をドクターヘリが飛んでいくのは目撃したし。そのトラックと壁に挟まれて死んだ人は、俺と歳が同い年位だったのだ。避ければいいのに、と思うかもしれないが、そりゃ無理だろうな。これからトラックが迫って来ますよ、と事前に教えられていたら回避も出来るかもしれないが、気付いた時には目の前だったろうからな。マジで重機やトラックはヤバいって。軽自動車でも十分に人を殺せる力はあるものの、車が小さいからな。やはり、大きな乗り物に乗れば乗る程、殺傷能力は上昇するのだ。

 

 で、供述として、「ドーンとぶつかっているのは分かっているが、人をはねたかは覚えていない」だってさ。まあ、それ位、てんかん発作はヤバいと分かっていたのに、コイツはやっちゃあいけないことをやったんだからな。マジで、こういう野郎の思考回路が理解出来ないよ。それをしたら死ぬよ、それをしたら人生破滅するよと事前に分かっているのに、それを平気でするという。まあ、この場合には、てんかん持ちは運転しちゃダメだと事前に理解していただろうに、運転を続けたのだからな。医者も運転するなと幾度も警告していたのだから、てんかん持ちが運転してはならないとは知らなかったで済む訳ないし。

 

 で、「重大な事故を起こして申し訳ない」と話したってさ。つーか、ただ路駐していたアルファードにちょっとぶつけて車体を凹ましてしまいました、でも怪我人も死亡した人も一人もいませんでした、という程度の事故ちゃうぞ。六名死んでるし。しかも、老人六名殺害ではなく、これからまだまだ寿命が続いていた子供六名の生存し続ける権利を全て破壊したのだし。こういう野郎ってのは、事の重大さが認識できない脳の障害でもあるのかな。まあ、脳に欠陥があるからこそ、平気で他人の人生を破壊するようなことをするのだろうけどな。

 

 殺されたのは、9歳の男の子、9歳の女の子、9歳の男の子、10歳の男の子、11歳の男の子、11歳の男の子だってさ。酷過ぎる。マジで日本の司法ってのは、交通事故による人殺しに優し過ぎますね。そのくせ、包丁で子供を殺した奴には、たったの一人を殺しただけで懲役18年とか20年とか食らわすし。なら、なんでコイツは六名も殺しているのに、たったの7年で済むんだよ?おかしくね?アホちゃう?コイツのせいで死んでるんですけど。しかも運転しちゃいけないのに、運転した結果なんですけど。てんかんの薬を飲み忘れた云々以前に、コイツは元々、この仕事には就いてはならない奴だったの!

 

 「俺にも運転する権利はある!」みたいに主張するかもしれないが、権利というのは、その資格がある人にあるものであって、そもそも、車を運転する資格がない人には、車を運転する権利はないのです。例えば盲目の人は車を運転する資格がないので、一般道にて車を運転する権利はありません。まあ、その盲目の人が大金持ちで、超広大な私有地にだだっ広い広場を作って、そこで車の運転をする限りは、別にいいけどさ。一般道では運転しちゃダメです。その資格はありませんから。そのように、なんでも権利、権利と声高に叫ぶなボケ!やっていいことと、やってはならないことの区別をちゃんと弁えろ!

 

 まあ、コイツの勤務先の同僚は、コイツの勤務態度に関して、「事故当日はいつもと変わらなかった」と語ったという。まあ、これからクレーン車を運転するってのに、眠いとか、疲れているというそぶりは見せないと思うよ。無理してでも健康なフリをするだろうなぁ。だって、代わりはいなかったのだろうし。まさか、今日、クレーン車を運転するってのに、「実は睡眠時間が三時間半しか寝ていません、超眠いです」なんて正直に言ったら、クビになるかもしれないしな。普通の体調に見せかけるに決まっているじゃん。

 

 マジで、こういう屑野郎がいるんだから、性善説に基づいて法律を作ってはならない。問題を起こすのは決まってこういうふざけた輩なんだから、こういう奴らの問題行動を、重大事故が起きる前に未然に防ぐ努力に、もっと注力してくれよ。6人も子供が死ぬ事故が発生してから騒ぎ立てても、殺された子供達の肉体は復活しないよ。いつも遅過ぎるから!もっと早く行動しろ!