齋藤健一の危険運転糾弾

齋藤健一の危険運転への私見

飲酒運転防止動画

  齋藤健一が撮影した飲酒運転の防止動画を掲載しています。これは、自分のJVCのビデオカメラを軽自動車のスバルのR2のダッシュボードに固定して撮影したものです。

 

 まだこの時点では頭部に装着するアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)は所持していなかったので、このような形で撮影しました。まあ、一日かけて府中刑務所の付近のコインパーキングから、最後は神奈川県の藤沢市の辺りだったっけか?よく覚えていませんが、多分、そこら辺までやってきました。

 

 まあ、簡単なルートを案内すれば、東京都の府中市の府中刑務所付近のコインパーキングから出発して、山梨県に行こうとなり、山梨県の道志村とかを通って、たしか山中湖村に辿り着き、そこから静岡県の思いっきり山の中の県道を走って、神奈川県に到着したという流れだったと思います。

 

 それで、内容としては、前もって録音していたカセットを車内に設置したCDラジカセで再生しつつ、自分は運転していました。で、時折、カセットを停止させて、その場の自分の意見を喋ったりしていました。カセットの中身は、川本浩二さんだったかな?その人が書いた飲酒運転に関する本の中身に対する意見です。

 

 それで、なぜ府中刑務所の付近から始まるのかといえば、最初は、府中刑務所の外の壁に沿って、飲酒運転したらこの中に入ることになるぞ~!という動画を撮影しようと思ったのですが、警備員に事前に尋ねたら、それは中に許可を取ってくださいと言われたので、そんなことは恥ずかしくてとてもじゃないが出来ないので、断念したからです。だから、府中刑務所の付近から始まるのです。

 

 で、府中刑務所の動画を撮影した後、交通刑務所として知られる千葉県の市原刑務所にも行って同様の行為をしようとしたけど、最初の府中刑務所でそんなことを言われたので、どうせ市原刑務所も駄目だろうと思い、進路変更して、それなら富士山を見に山梨県に行こうという気になったのでした。まあ、数日前からどっちのルートに行くか迷っていたのですが。

 

 まあ、そういうことでしたが、結果的に良かったと思います。

 

 まあ、暇なら観てください。